シングルマザーにおすすめの出会いの場ランキング

シングルマザーの恋愛は難しい?その理由と解決方法を紹介します

シングルマザーの方は毎日お子さんのために、家事や育児、そして仕事にと頑張っていると思います。シングルマザーの方にとって最高の喜びは、何と言っても子供の笑顔と成長ですよね。

とは言ってもお母さんだってひとりの女性です。時には「男性に頼りたい」と思う時もあるでしょう。ある調査では、シングルマザーの方の7~8割が、「また恋愛(または結婚)をしたいと考えている」と言われています。

シングルマザーの方の恋愛は一般的には難しいとされており、シングルマザーゆえの理由は色々とあるでしょう。

しかし、お子さんがいる方でも恋愛をしている人はたくさんいます。今回はシングルマザーの恋愛が難しいと言われる理由と、解決方法についてご紹介します。

目次

シングルマザーの恋愛が難しい理由、とにかく時間がない

子どもがいれば単純に忙しく、時間が取れないので恋愛が難しいと感じている人は多いでしょう。

シングルマザーの多くは、家事、育児、仕事、そして家に帰ってまた家事と育児と、とにかく一日中忙しいと思います。そして休みの日は、子どもと過ごす時間やたまった家事をこなすことで終わってしまい、自分だけの時間は子どもが寝た後のほんの1時間という方もいます。

そのため、婚活パーティや合コンなど、時間のかかる出会い方は難しいと言えるでしょう。もし恋愛関係に進んだとしても、仕事や学校の用事、子どもの急な発熱などで、彼より子どもを優先せざるをえないことも多く、恋愛なんてとても考えられないでしょう。

男性にとっては少し物足りなく感じ、時間がとれなければ、付き合うのは難しいかしいかな?と考えてしまうこともあります。

シングルマザーの恋愛が難しい理由、お金がない

恋愛をすればどうしてもお金がかかります。金銭面もシングルマザーが恋愛を難しいと感じる大きな理由のひとつです。

ひとり親世帯の約8割は母子家庭と言われています。その内の半数は所得水準が低いと言われており、シングルマザーにとって生活費は大きな悩みの種となっています。

自治体などはシングルマザーに多くの公的援助を設けていますが、それでも余裕があると言える人は少ないでしょう。

1日デートに出かければ食事代がかかります。デートの内容を節約したとしても、交通費だけでも負担になるでしょう。

さらにお子さんがまだ幼ければ、誰かに預けることになると思います。ですが「デートのために」とは言いづらく、ベビーシッターにお願いするとデート代以上の出費となってしまいます。

シングルマザーの方にとって一番優先したいのはやはりお子さんです。「子供のために貯金もしたい、あれも買ってあげたい、習い事もさせてあげたい」、そう考えると、がんばっているまじめなシングルマザーの方ほど、「今は恋愛にお金をかけている場合じゃない。」と感じてしまいます。

シングルマザーの恋愛が難しい理由、恋愛対象と見てくれない

シングルマザーの恋愛にとって大きな壁は、この問題と言えるでしょう。

多くの男性は子供のいるシングルマザーの女性を、残念ながら恋愛対象としては見てくれないからです。

男性の半数近くはやはり初婚の女性を希望しており、子供アリという条件に理解のある男性は全体の1~2割程度です。そもそも対象となる男性が少ないということは、もちろん恋愛は難しいと言えるでしょう。

男性はシングルマザーの方との恋愛を、「結婚前提、子供を背負う責任があるので難しい」と感じる傾向があります。特に初婚の独身男性であれば急にお父さんになるのは難しいでしょうし、自分の子供が欲しいとも思うでしょう。

また再婚の人であっても、違う家庭の子供とすぐにうまくやれると思える人は少ないものです。

シングルマザーの方は、出会った時に子供の存在を隠していることも多く、子供のことを打ち明けた途端に連絡が取れなくなれば、傷つき、さらに恋愛を難しいと感じてしまうでしょう。

シングルマザーの恋愛が難しい理由、周りの目が気になる

昔と比べれば今はずいぶん自由な時代になりましたが、シングルマザーに対する周囲の目はまだまだ厳しいものがあり、そのために恋愛が難しいと感じることも少なくありません。

近年では、子供を放っておいたことで起きてしまった痛ましい事故などの報道が目立ち、社会も他人を非難しやすくなってしまったという傾向があります。

どんなにしっかり配慮をしてデートに臨んだとしても、それを偶然見た人からすれば、「子育てもしないでデートをして遊んでいる」ととられてしまうこともあるのです。

現実的には離婚は一般的になっており、シングルマザーも年々増えているのですから、「恋愛をするな」という方が難しいですよね。一番大切なのは、お母さんとお子さんの2人が幸せなのかどうかです。

もっと幸せになるために、その子供さんを愛してくれる男性と出会おうとすることは、引け目を感じることではないでしょう。

シングルマザーの恋愛は難しい?無理のないお付き合いをしよう

シングルマザーの方が恋愛をする時は、自分の生活に無理をしないよう心がけましょう。

シングルマザーの方の中には、出会いの際に、子供がいることを隠してしまう方もいるかと思います。子供がいるとわかったとたんにお別れとなってしまっては、せっかくかけたお金や時間、そして割いたココロも無駄になってしまいます。

実際に会う時には、しっかりと自分の状況や生活、金銭面についても正直にお伝えし、理解を示してくれる男性とだけお会いしましょう。

余裕のある男性であれば、デート代を持ってくれるかもしれません。公園や動物園など、無料で楽しめるデートを2人で相談できるようなお相手であれば、長くおつきあいできる基準ともなりますよね。

がんばりやさんの多いシングルマザーの方の中には、迷惑をかけたくないと無理をしてしまう人もいます。ご両親や同じ考えのママ友なども大切にしておき、助け合える環境を作っておきましょう。

そして男性にとっても無理のないよう、配慮をしてあげましょう。金銭面で頼りすぎない、結婚を急ぎすぎない、自分の都合ばかりを優先しないなどは、シングルマザーの方が気をつけたいポイントです。

また、男性にとって、すぐに子供との関係性を処理するのは難しいことがあります。おつきあいが始まってからも、無理に子連れデートにせず、時間をかけて関係を作りましょう。彼の中であなたが大切な存在になってくれば、お子さんを背負おうという気持ちに徐々になってくれるからです。

シングルマザーの恋愛、忙しくて難しい人は、マッチングアプリを利用する

恋愛をするには、まず男性と出会わなくては話になりません。ですが、家事、育児、仕事と忙しいシングルマザーには出会いの時間もなく難しいと思います。

そんな方は、マッチングアプリがおすすめです。マッチングアプリならば、仕事帰りの電車の中、家事の合間、子供が寝た後の1時間などの短時間で、多くの男性と効率よく出会うことができます。

「シングルマザーに理解のある方」などの条件も設定できるので、ミスマッチを最小限にできるでしょう。

合コンや飲み会などで出会いを探そうと思うと、洋服やメイク代、シッター代などがかさんでしまいます。アプリならば女性が無料なものも多く、自宅でできるので、出費も抑えることができます。

マッチングアプリと聞くと、「子供アリだと相手にしてもらえないかも?」と、不安な方もいるかもしれません。近年では、「シンママ向け」に特化したアプリなどがあります。お相手もバツイチ再婚であることが多いので、子供がいるゆえの悩みや金銭事情も話しやすいでしょう。

自分に無理をせずにできる恋愛を、見つけられる確率が高くなります。

シングルマザーでも恋愛はできる、難しい時は周りの人やアプリに頼る

シングルマザーの方の中には、「マッチングアプリで危ないに出会ったら?」と思う方もいるかもしれません。ですが、シンママ向けアプリにはまじめな会員が多いと言われており、特に男性女性ともに有料の婚活アプリを選べば、さらに誠実な出会いを探せるでしょう。

お子さんのために毎日がんばっているシングルマザーの方には、「なんでも自分でできなければ」と思っている人もいるでしょう。ですが、新しい家族を作ることは、決して非難されることではありません。

お子さんとの幸せのために、頼れるものは頼りながら、ぜひ素敵な男性と出会ってほしいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次