シングルマザーにおすすめの出会いの場ランキング

マッチングアプリでシングルマザーであることを隠すのはなぜ?

マッチングアプリを利用する時、あなたはシングルマザーであることを隠しますか?もし隠す場合、なぜいつかバレてしまうような嘘をつくのでしょうか。

そんなシングルマザーに向けてこの記事では、”マッチングアプリを利用する際にシングルマザーがバツイチ/子持ちを隠してはいけない理由”・”シングルマザーだということを隠す心理”・”マッチングアプリならシングルマザーであることを隠す必要はない”の3つをわかりやすく解説してます。

真面目な恋愛・出会いを求めているのであれば、嘘偽りのない自分をさらけ出し、相手と良い関係を築くことが大切です。

難しいことは一切書いていないので、この記事を読んで少しでもあなたの今後の参考になればと思います。

目次

マッチングアプリでシングルマザーであることを隠してはいけない理由とは?

効率よく好みの異性と良い感じになるためには、シングルマザーであることやバツイチだということを隠したくなる気持ちも分かります。

しかし交際に発展すれば、シングルマザーであることを相手にいつまでも隠すことはできません。

それでも中には「バレるまで隠しておきたい」と思う人も居るでしょう。

この項目では、マッチングアプリを利用する際になぜ、シングルマザーであることやバツイチであることを隠すことがダメなのかを3つ解説していきます。

隠していたことがバレた時に大きなマイナス点となる

良い感じの相手や交際に相手対して感じる大きなマイナス点は、誠実そうな見た目をしているのに実際は遊び人・DV気質・極度のマザコン/ファザコン・人としてのマナーが悪い・平気で嘘をつくなどです。

良いギャップであれば「こんな一面もあったんだ!」とプラスになりますが、人として最低なギャップはマイナスにしかなりません。内容次第では一瞬にして関係が終わってしまうこともあるでしょう。

こうしたことから、マッチングアプリで真面目な出会いを探したいのであれば、シングルマザーであることを隠すのはマイナスでしかないです。

相手のことを傷つけてしまう

隠している方からすると、「いつかちゃんと話すつもりだった」「騙しているつもりはない」と思うことでしょう。

しかし、あなたの日々の言動が後に相手のことを傷つけていたとしたら、シングルマザーだということを隠すのはよくないですよね。

交際に発展し、相手が「いつか結婚したら子どもは2人くらい欲しいな」と言ってきた時に「そうだね」と返したり、「やっぱり婚姻届けに名前書くのって緊張するのかな?」と言ってきた時に「緊張するだろうね」と返すのは、バツイチのシングルマザーではないということを隠して立ち振る舞っているのと同じです。

仮に隠していたとしても、こうした会話になったタイミングでバツイチのシングルマザーであることをことを話せるのに、それでも隠して相手に嘘をつき続ける必要はないですよね。

こうしたことから、嘘をつき続ける行為は相手のことを傷つけてしまいますし、一気に信頼性を失います。
 

一生隠すことはできない

遊びの関係であれば、バツイチのシングルマザーであることを隠すのは簡単なことです。なぜなら上辺でしかない関係のため、お互いに干渉し合わないからです。

極端な話、マッチングアプリで知り合った異性と一夜限りの関係になったとして、相手の本名・住所・家族構成・電話番号なんて知らないですよね。それくらい遊びの関係は相手の深いところまで興味はないんです。

しかし真面目な恋愛や本気の出会いを求めている人となると、「もっと相手のことを知りたい」という気持ちが強くなります。交際まではいかないけれど良い感じだった場合、お互いの家でデートをすることだってありますし、交際すれば家でのお泊りや旅行も考えられます。

バツイチのシングルマザーであることをうまく隠して結婚できたとしてもそこで子どもの存在はバレますし、あなたの離婚歴等だって役所で簡単に調べることができちゃいます。

一時であれば隠すことはそれほど難しいことではありません。しかし一緒に居る時間・期間が増えれば増えるほど隠し続けることって不可能なのです。

バツイチのシングルマザーであることを隠すということは、相手に嘘をついている・騙していることにもなるので、あなたは後ろめたさや罪悪感を背負って日々を送らなければならないので、きっと相手と一緒に過ごす時間を苦痛に感じることでしょう。

こうしたことから、シングルマザーがマッチングアプリを利用する際ははじめから隠さずバツイチのシングルマザーであることを素直に伝えたり、良い人と出会えた時は早い段階でシングルマザーであることを伝えるべきです。

これは自分のためでもあり、相手のためでもある行動です。

マッチングアプリでシングルマザーだということを隠す心理とは?

良い人と出会えた時に、よくないと思いながらもシングルマザーであることを相手に隠すのには主に4つの心理があると考えられます。

嫌われたくない

シングルマザーであることを相手に伝えた時に、「嫌われてしまうのではないか?」という怖さや不安から隠してしまうケースがよくあります。特に初婚の人は離婚歴のある人を無意識に恋愛対象外にしていることがあるため、「関係を終わらせたくないからバレるまで隠しておこう」と思ってしまうのです。

相手のことを想う気持ちが強ければ強いほど嫌われたくない気持ちが大きくなり、中々打ち明けられずに月日ばかり過ぎてしまいます。

タイミングを逃してしまった

「いつか打ち明けよう」と思いタイミングを見計らってはいたものの、バツイチのシングルマザーであることを隠している期間が長くなってしまったことで今まで以上に言いづらさを感じ、打ち明けるタイミングを逃してしまうケースが多いです。

電話や対面でバツイチのシングルマザーだと伝えることが苦手な人は、メッセージのやりとりをしている時やマッチングアプリに登録をした時にプロフィールにしっかりと記入しておきましょう。

嘘をついたり、隠すことは自分の首を絞める結果しか待っていないですからね。良いことはなにもありません。

離婚をした理由をあまり言いたくない

シングルマザーだということは、結婚歴・離婚歴があるということ。

マッチングアプリでの出会いに限らず、「離婚している」と打ち明けると多くの人が「なにが原因で?」と聞いてきます。相手の浮気や性格の不一致等であればなにも躊躇することなく離婚の理由を話すことができますが、自分の浮気・借金等の金銭トラブル・元配偶者へのDV行為といった自分に非があることが原因で離婚となると、色々含めてバツイチのシングルマザーであることを隠したくなりますよね。

このように、離婚をした理由・原因の言いづらさから隠してしまうケースがよくあります。

離婚歴やシングルマザーであることを話す必要がないと感じている

離婚をしてから10年以上経過していたり、元配偶者と一切連絡をとっていない場合に「聞かれるまで話さなくてもいいか」と判断する人は意外と多いです。

元配偶者との間に子どもが居ないのであれば無理に話す必要はないですが、シングルマザーとなると相手に伝えるべき内容で、独断で判断できることではありません。なぜなら、交際や結婚となった時に「実は子どもが居るんだよね」とあなたが相手に打ち明けて、「そうなんだ」では終わらない内容ですよね

また、真剣に悩んでプロポーズをしてくれた相手にシングルマザーであることを伝えて相手が婚約破棄を求めてきた場合、あなたは相手のこれまでの時間や気持ちを奪っていることにもなります。

「騙すつもりはなかった」「いつかちゃんと言うつもりだった」では済まないでしょう。

こうしたことから、マッチングアプリでも他の出会い方であっても、シングルマザーであることを隠すのはよくないことですし、独断で判断してはいけません。
 

マッチングアプリならシングルマザーであることを隠す必要はない

ここまででマッチングアプリを利用する上で、”シングルマザーがバツイチ/子持ちを隠してはいけない理由”と”シングルマザーであることを隠す心理”についてよく知っていただけたかと思いますが、離婚歴があったりシングルマザーであってもマッチングアプリなら理想の異性と出会うことができます。

はじめからシングルマザーであることを伝えられていれば、相手に嘘をついている後ろめたさや罪悪感を感じることはないですし、一緒に居る時間に対して苦痛に感じることもありません。

“シングルマザーが悪い”のではなく、”シングルマザーであることを隠しているのが悪い”ので、マッチングアプリを利用する時は嘘偽りのないプロフィールを作成しましょう。

マッチングアプリで1人でも多くの異性と出会ったり、好印象を持ってもらうためには、以下の5つを実践するといいですよ。

プロフィールに分かりやすい顔写真を2枚以上掲載する

顔がちゃんと分かる写真を掲載することで相手は安心してメッセージのやりとりが行えますし、シングルマザーとしてではなく1人の女性として見てもらえることが多いです。

清潔感のある写真が望ましいです。

プロフィールの項目はできるだけ全て埋める

自分がどんな人なのかを多くの人に知ってもらうためにも、プロフィールの項目はできるだけ全て埋めた方がいいです。

ただ、ダラダラと長ったらしい文章は正直あまり印象が良くないので、簡潔で読みやすい文章が望ましいです。

コミュニティを利用する

どんなコミュニティに所属しているかで趣味や人柄がある程度分かります。同じコミュニティに所属している人の場合は比較的趣味や価値観が近いため、マッチングしやすかったり話が盛り上がりやすいです。

積極的に”いいね”を送る

SNS同様、マッチイングアプリにも”いいね”があります。

マッチングアプリに登録をしている多くの人が恋活や婚活目的というより、「とりあえず仲良くなれそうな人と関わりたい」と思っています。その後に恋活や婚活を意識する人が多いです。

こうしたことから気軽に”いいね”を送り合うことができ、自分の存在を知ってもらうきっかけにもなります。

返信しやすいメッセージを送る

マッチング後にメッセージのやりとりができるシステムを設けているアプリがほとんどです。

せっかくマッチングしたのにメッセージのやりとりができないのってなんだか悲しいですよね。そうならないためにも、相手が返信しやすい内容のメッセージを送ることが大切です。

例えば、「私はシングルマザーですが、久しぶりに恋愛をしようと思いマッチングアプリに登録をしました」というメッセージより、「私はシングルマザーですが、久しぶりに恋愛をしようと思いマッチングアプリに登録をしました。○○さんはどんな目的で登録したのですか?」というメッセージの方が返信しやすいですよね。

こんな感じで返信しやすいメッセージを送りつつ、楽しくやりとりすることがポイントです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次